So-net無料ブログ作成
検索選択

臨床所見  ~ MILLIONの場合~  

2010 10 11 三連休最後の日   久しぶりのアジリティレッスン

10月5日の今シーズン最初のOPDESのアジ・コンペは以前からの予定と被ってしまいどうしても参加出来なかったから11月のコンペめざして気合い入ってました[exclamation]何といっても、今シーズン中にAG3昇格、滋賀に代表決定戦にリベンジが目標[パンチ]

 1走目、ミリオン、やる気満々、結構いい走り[るんるん]Kインストラクターから諸注意を頂いた後2走目。同じくいい走り[るんるん][るんるん]でも、ゴールした後のミリオンの歩様が少しだけおかしい・・・かな。あれだけやる気マンマンな走りだったから着地の時ちょっとひねったかな[exclamation&question]   しばらく休憩しよう[ひらめき]         

3走目・・・、ガクッとスピードが落ちた[どんっ(衝撃)] 「もう、疲れたのかよ[むかっ(怒り)]」とHA~Ta'nは思っていたけど、「あれっ?」と最初にKインストラクターが変化に気がついた。 「えっ、どうしたの[exclamation&question]

ゴールした後、右・後肢、少しびっこひきぎみに歩く・・・、走る時は後肢両方そろっていてウサギみたいにヒョコ・ヒョコ・・・これはおかしい[ふらふら]どこかひねったのだろうから今日はとにかくこれ以上は走らせない。と、いうことでしばらく様子をみる事に・・・[バッド(下向き矢印)]

 3~4日様子見た後、なんら痛そうな様子もなく、相変わらず家の中ではボンドにもルディアにもやりたい放題のボスぶりだし、外でも元気いっぱいなので練習再開[グッド(上向き矢印)]

メニューはだいたい軽く脚側の練習の後、課題の行進中の立止と前進~フセを重点的に練習。その後、平面持来と障害持来。平面持来はミリオンの得意科目、障害持来も得意だけど、たまにズルして障害飛んで帰ってこない事もあるので、そこだけ忘れない程度に~と思っているのだけれど、いつもダンベルくわえて帰って来る時、必ず障害の前で立ち止まる「ねえ、これ飛ぶの?」って顔でこっち見るから、そのたびに「(サボるな[むかっ(怒り)]と思いながら)ジャンプ!」で、普通に軽々飛んで帰って来る・・・の繰り返しだったけど・・・ある時から、「えっ・・・びっこひいてるよね・・・」とあからさまにわかる事が増えてきた[もうやだ~(悲しい顔)]

気のせいであってほしい、との願いと共に練習に行って見てもらったけど、やっぱりおかしい・・・。との意見。

意を決して、10月28日、雨の夕方、整形外科専門の霞が関動物外科クリニックで受診。

暗くてよく見えない中ではありましたが、猪野院長先生と助手の先生とHa~Ta'nで傘をさし、後ろから怪しいヤツがついて来ると騒ぐミリオンをなだめながら、いつも歩様チェックするという公園まで行くことに。                                                       外に出てすぐ、院長先生が「この子、こんなに歩幅狭いの?」「かなり破行してるね・・・」[がく~(落胆した顔)]        公園でしばらく観察した後病院に帰りました。

診断は・・・慢性症状になっているので確定診断は非常に難しい。が、膝十字靭帯部分断裂ではないか・・・との所見。ただし、レントゲン撮ったわけではないから確定はできない。とのことで、とにかく、今は安静が大事。 3週間分の消炎鎮痛剤を頂き、その後1週間様子みてから再び診察。その際やはり歩様がおかしければ沈静下のレントゲンで見てみよう。と言うことになりました。

HA~Ta'n:「先生、痛いんでしょうか?」                                      院長:「痛いからびっこひくんだよ」                                           Ha~Ta'n:「でも、平気でダッシュしたり、障害も飛びますけど・・・」                      院長:「この犬種は行けと言われたらいくんだよ。飛べと言われたら飛ぶんだよ」

[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]ミリオンごめんよ~[あせあせ(飛び散る汗)]痛かったんだね。それなのに、サボってるとしか思ってなくて・・・随分痛かったんだよね[たらーっ(汗)]

それから4週間、うちの環境で安静は不可能でしたが、なるべくクレートで休ませ、運動も軽い散歩だけ。運動不足のストレスからか両前脚が茶色くなるほど舐めまくりかじりまくり、足治っても心がおかしくなるんじゃ・・・と心配しつつ、ミリオンには「もうちょっとがまんしてよね[あせあせ(飛び散る汗)]

再診察の日。初めて診て頂いた時とはうって変って晴れの午前中。病院の前から公園までは、脚側させて歩き、公園では「自由に歩かせてみて」との指示でリード長くしてしばらくフリーに。

所見は、「自由に歩いているときは異常ないけど、脚側行進していると破行する」との事でやはり沈静かけてレントゲン撮ることに。                     

で、先ずは注射するために毛刈りされちゃいました[わーい(嬉しい顔)]                         ミリ毛刈りCA3A0761.jpg                                 

ついに麻酔。最初に細い注射器に透明の薬。次にちょっと太い注射器に白く濁った薬、助手の先生が「これが半分くらい入いったらガクッとなります」                                      本当にそうなった[目]                                                 ミリ診察③CA3A0758.jpg 

先生が膝と股関節の検査[目][目]                                             ミリ診察①CA3A0760.jpg

その後、レントゲン室へ・・・。すぐに帰ってきましたが、まだこの状態[どんっ(衝撃)]Ha~Ta'n,なんとなく、「ミリオン死んだらこんなんだろうか・・・[たらーっ(汗)]」とか思ってしまった(かなり後ろ向き思考[バッド(下向き矢印)])              ミリ診察⑥CA3A0755.jpg

まだ麻酔の効いている状態で先生がもう膝と股関節を動かして診てました                 ミリ診察②CA3A0759.jpg 

写真が出来上がって先生が説明してくれました。

↑の方向にプレッシャーかけても、異常はないので、膝十字靭帯の損傷ではない、らしいです。

     編集膝.jpg

では、どこが悪いのか[exclamation&question]

股関節形成不全でした[がく~(落胆した顔)]                                              カップの方は大丈夫らしいのですが、そこに入っている方が両端かけているのだそうです[目]

    編集股関節.jpg

昨日・今日にこうなったのではないこと。また、日常生活に不便はないだろうけれど、アジリティはN.G.と言われました.                               

先生:「この子いくつ?」                                          HA~Ta'n:「来年6月で10歳です」                                    先生:「もう十分だろう~。若いのがいるならそれを鍛えて競技はそっちでやるのがいいと思うよ」                                                      Ha~Ta'n:「若い方はまだまだなかなか出れそうにないんです・・・[バッド(下向き矢印)]」                先生:「そりぁそうだろうけど、みんな何年もかけて鍛えるんだ」                    Ha~Ta'n:「そうですね・・・[たらーっ(汗)]またがんばらないといけないですね[バッド(下向き矢印)]

ってな訳で、落ち込みながら帰ってきました。

当のミリオンはちょー元気で、毎日この股関節の写真見なければ、悪い事なんか忘れてしまいそうなんですけど・・・。

考えてみたら、突然テンション[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]で、「なぜ[exclamation&question]」と思ったことも何度もありました。でも、ミリオンに限ってそんなことあり得ない、テンションのコントロールの難しいヤツ[むかっ(怒り)]くらいに考えていました[あせあせ(飛び散る汗)]   

やっぱり、二足歩行のピョンピョン散歩でご近所の皆さまに受け狙いをしていたのが悪かったのか・・・[バッド(下向き矢印)]それなのに、最近まで、立ちあがって1回転ジャンプの練習までしてた・・・[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

ごめんよ~[たらーっ(汗)]さぞ、痛かったんだろうね・・・[たらーっ(汗)]

    

                   

                                                                  

 

 


コメント(8)  トラックバック(0) 

コメント 8

POKO

そーだったんですね。。。
いろいろと心配は尽きないでしょうけど、10歳までアジをがんばっていたなんてすごい!
柔らかい体のボーダーだから出来る技なんだと思います。
これからは弟、妹、いじめてたのしもね^m^

ホタルはやっと夢の3度に上がったけど、7歳なんでもう今シーズンで終わりかなぁぁ・・と思いながらやってます。

だから、ミリネエはすごい!


by POKO (2011-01-01 20:20) 

Chi-tan

思えば2009年5月以降、アジのテンションの低さは痛かったせいではなかろうか・・・・ かわいそうなことさせてしまった(;_:)
でもミリ姉さん、ちっとも隠居するつもりはないらしいですぜ。
今年は襲撃犬としてデビューはいかが?

by Chi-tan (2011-01-01 20:40) 

Ha〜Tan

♪POKOさん

「もうトシなんだから~」ってミリオンに限っては単なる冗談にしか過ぎないと思っていたんですよ~。
だから、もうちょっとハンドリング教えてもらいたかったのだけど・・・(*_*;

でも、オビとフリースタイルは続けますよ~!
でなければ、弟・妹がかわいそうですねん!!
by Ha〜Tan (2011-01-02 17:54) 

Ha〜Tan

♪Chi-tanさん

うん、いっぱいかわいそうな事してたんだと思う。

ミリオンも痛いなら、「痛い」と座り込むなり鳴くくらいの事してくれればよかったのに・・・。

ってか、あのテンション最低、ってのがそうだったんだね・・・(涙)

でも、ミリオンには、余生とか老後とかって言葉なさそう・・・(爆)
まあ、適当にやるよ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
by Ha〜Tan (2011-01-02 17:58) 

てと

ミリさん、Ha~Ta’nさん、ご苦労様でしたー
股関節ですか。。。
でもミリさんは動くの好きだからねぇ、ミリさんの趣味程度でとどめておくのがいいのかもしれませんね。。。
実はジュディも股関節が丈夫でないのです。
だからアジもディスクも遊びだけー
走るときは伸びるけど、ストレッチで後肢を後方に持っていくのはNGなんですよぉ><
今は膝関節も衰えちゃって、まっすぐ歩きしかしません。
運動というか、散歩も排泄のみで歩きたがらないし。
っていうか、他の病気があるからそれどころじゃないけど^^;

ともあれ、お大事に!
あと5年だろうが10年だろうが、余生は余生ですよ^^v
by てと (2011-01-02 20:02) 

Ha〜Tan

♪てとさん

お久しぶりです~!

そうなんですよね・・・。いきなり全部やめさせてしまうのはいかがなものかと・・・^^
後、2~3年もすればそんなに動き回りたいとは言わなくなると思うのですけどね・・・。今は痛いのか痛くないのかわかりませんが、飛び回っているので、本当に心配ですよ(@_@。

ジュディも股関節危ないのですか・・・。私は、見事なジャンピングキャッチしか思い浮かばなくて、何か信じられない気がします。
あ、それから病気の方はその後いかがですか?
まあ、専門家だから私が心配することもないんだろうけど^_^;

とにかく、お互いに、犬達余生お大事にですよね!

by Ha〜Tan (2011-01-02 22:16) 

てと

あら。うちの犬の近況書いてませんでした^^;
お蔭様で元気に年越ししました!
薬も減らせている奇跡もあり、どこへも出かけられない要観察状態は変わりませんが、「目指せ15歳」が現実になりそうです☆
ありがとうございます☆
by てと (2011-01-03 12:31) 

Ha〜Tan

♪てとさん

ジュディ、「目指せ15歳」!
それは何よりもおめでたい事です\(^o^)/

遠く埼玉から今年もジュディががんばる事をお祈りしていますね~!!
by Ha〜Tan (2011-01-03 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。